葬儀は人の死を弔うために行われる儀式、葬式

冠婚葬祭と言われるように、「葬」は人の一生の内に最後の死にあたって執り行われる儀式葬儀であり、又、「祭」は死後の祖先をお祭りする祭礼のことになります。

ところで、葬儀と葬式というのは似ているようで、チョット違ったニュアンスが有るようで、葬式は通夜や告別式など一切含んだ葬儀のことで儀式ともいい、儀とは、故人の氏にあたる言葉になります。 

葬儀は、一般には残された遺族や親族、それに故人との親しかった人が亡くなった人の冥福を祈る儀式、葬式になります。 例えば、社葬などは告別式として行なうケースが多いです。

一方、告別式というのは、厳密に言うと亡くなった人の友人や知人、会社関係者など以前にお世話になった方々の最後の別れをするために営むものでしょう。 本来ならば葬儀を終えたその後に告別式を行うのが普通ですが、ただ近年では、小規模な一般の葬儀は告別式と同時が省略して行う事が多いようです。

又、通夜は本当ならば夜通し徹夜で行うものであったが、近年では夜の一定時間に行われれ、一般の参列者も加わっ坊さんの読経も1回のみが普通になってきています。