直葬という形式のお葬式

2年前私の祖母が亡くなり、叔父がお葬式の手配をしました。
叔父と祖母は仲が悪かった為、お通夜もせずに直葬という形式のお葬式を手配しました。
私はこの時はじめて直葬という形式のお葬式がある事を知りました。

直葬とは、その名の通りお通夜や告別式などはせずに安置した遺体をそのまま火葬場へ運び、お別れの挨拶をしたらすぐに火葬する形式の葬儀です。火葬場の方は「最近は費用がとても安いことから直葬を選ばれる方が増えている」と、おっしゃっていました。
葬儀全体の時間は1時間もかからなかったと記憶しています。

祖母には生前いろいろとお世話をしてもらっており、亡くなるまで病院に何度もお見舞いに行きました。93歳で大往生だったとしても祖母との思い出が溢れて涙が止まりませんでした。

お葬式の費用を負担するのは叔父で文句を言える立場ではありませんでしたが、祖母の最期の時を直葬という形式のお葬式で簡単に済ませてしまった事を、私は今でも悔やんでいます。

お葬式は戦争

© 2018 冠婚葬祭のあれこれ情報 All Rights Reserved   

Theme Smartpress by Level9themes.