生前の祖母は友人が多かった・・

昨年私の祖母が亡くなったのですが、祖母の生前からの遺志は、「お葬式はこじんまり、家族と、親しい友人の○○さんと○○さんだけで家族葬にしてほしい」でした。私は祖母と暮らしていたのでこのことをよく知っていたし、極々身内だけで執り行うことになりました。

 

会場の手配や、祖母が呼んで欲しいと言った友人の方々にのみお声がけして、お通夜が始まりました。最近では少人数で行う家族葬が多いらしく、会場もとても可愛らしいものでした。祭壇などはしっかりと綺麗で美しくのに、家族がゆっくりくつろげるようなソファーやテーブル、大きめの冷蔵庫などがあり、随分ゆったりと過ごすことができました。

 

お通夜と言ってもお声がけしていないので人も来ず、親戚と祖母の友人と和やかにご飯を食べ、お酒を飲み、祖母に感謝しながら眠りました。

 

そして枚方での家族葬による葬儀当日、どこから聞いたのかゾロゾロと人がやって来るではありませんか!なぜ!?会場に入りきらない!だいたい受付なんかも用意してない!とパニックになりつつ、なんとかソファーやテーブルを部屋から出して、廊下にはみ出した人に頭を下げつつ何とか終了しました。

 

祖母の火葬中に分かったのですが、祖母の友人がお知らせしてまわったとのこと・・祖母の友人も90代、責めるわけにもいかず・・何だか祖母にちょっと申し訳ない葬儀となってしまいました。

© 2018 冠婚葬祭のあれこれ情報 All Rights Reserved   

Theme Smartpress by Level9themes.